October 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

理由

ドアをそのまま開けようとして
手が止まる。
暗い部屋。
外のような空気。

あなたはもう、泣いたかな。
小さな後ろ姿を思い出して
淋しくなった。
頑張ってる人がいるのに
弱音なんてはけない。
押し寄せてくる波を見ないようにした。

せめて声が聞きたい。
部屋が広くて
僕は、涙を流すんだ。

スポンサーサイト

comments

   
pagetop