November 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

さようなら さようなら さようなら

その時がきたら泣くかな
笑って聞けるかな

いろいろ考えていたと思ったけど
違う

違ったんだ。 考えないようにしてたんだ

その時がきて、初めて気づいた。
息が
ああ
こんなに息が苦しくなるのか


どこかで君だけは結婚しないと思っていた
そんなわけないのに
あるわけないのに

ああ
さようなら
ああ
さようなら 僕の君



さようなら

あたし以外にも大切なものがあるの?
僕はうつむいた

そうじゃない
けど

あなたのことが大切だから
どうしても欲しいんだ

そんなの言い訳かな?
他の人が持ってるからかな?

そんなわけない
そう言い聞かせて
手に入らない自分を責める

そうだ、僕にはあなたがいるのに
どうしてだろう
それだけじゃいっぱいになれない

次から次へと欲しくなる
幸せなんだって
実感がほしいんだ

あなたの一生

いっそあなたが
ダメ女だったら良かったのに
そう思う時がある

そしたらめちゃくちゃにして
その日だけ付き合って
あっさり忘れられるだろう

白くて、柔らかくて
僕を大切にしてくれる
だからあなたを壊せない
離せない

どうして僕は選ばれなかったんだろう
あなたの特別になる人は
誰なんだろう


JUGEMテーマ:だいすきなひとを、想う。

何もできない 僕は

定期券を見て
街のポスターを見て

僕はそっとその日付に触れる

「待ってるから」
笑って言ったあなたが浮かぶ

一生逢えないわけじゃないのに
遠距離恋愛の始まりの
カウントダウンばかりが繰り返される

じわじわと砂がこぼれ落ちて行く

止められない
ただ、見つめるしか僕にはできなくて。


スタートライン

その人の笑顔が輝いていて
いかに自分が何も持ってないかに気づいた。

そうだよ
そもそもスタートラインが違う。

一緒にしないで
投げつけられた証

どうして同じものを手に入れられると
勘違いしてしまったんだろう。
僕ももしかしたら
許されるんじゃないだろうか、なんて

ボロボロこぼれていく大切なもの
おろしきれない荷物
前にも後ろにも
向かうべき方向が見つからなくて
この世を恨む。

脳裏に焼き付いた
笑顔だけがずっと
輝いている。

カラノ ハコ

箱の中は空っぽだった。
それが軽くても
疑ったこともなかった。
自分から開けることもしなかった。

違うよ
僕が欲しかったのは
優しさでも
カタチでもない

僕だけの あなたが欲しかったんだ。

上手く踊れてたかな
あなたの前で
僕には何もないと気づいた時も
僕は僕でいられてたかな

もう何もいらない
そんなもので喜ばない

僕が
僕だから

報われないの?

灯らない光

夕飯のニオイただよう
オレンジの灯りを抜け

「アニメみたいな温かい家庭を築きたかった」
そういうけど

僕にはそれすら幻想に思える
もし存在しても
僕には無縁で、きっと手に入らない

ごめんね
小さい子どもをあやそうとしても
伸ばした手を
触れるのが怖い

周りばかりが変わっていく
僕だけが暗い家路へ向かう

僕の となり

 その笑顔も
不機嫌な顔も

僕だけのものにできたらどんなにいいか

5年も前にあきらめた
だけどどうして
あなたは僕に笑いかけるの?

一緒にいたい
波のように急に襲ってくるから
ずっと心の中
浮かんでは消える

5年後
僕らのストーリー
何も変わらなければいいのに

きっと
何か変わってる

お互いに子供がいて
相手がいて?

僕はそのとき、うまく笑えてるかな

偶然と運命と必然に

あなたの幸せは僕の幸せ
すべてが眩しく見える
いつもと違う朝
白くて輝いて
新鮮な息を僕は吸い込む。

嬉しくて嬉しくて嬉しくて

今は、今くらいは
あなたの幸せを祈りたい。

だって本当に大切な人だから
大切だと思っていると伝えたいから

最高の笑顔でお祝いしよう。
僕も頑張らないとね。

おめでとう。
あなたに起きた最高の
偶然と運命と必然に。

優先順位

あなたが勇気を出して言ってくれた
小さな「助けて」
その約束すら今の僕には守れない。

一緒にいてほしいなんて
自分勝手すぎる。

あなたを一番にできない僕は
きっといつか
罰が当たると思うんだ。

あなたを失ってもしょうがない。
文句は言えない。

幸せにしたい。
何度往復しても荷物は増えるばかりで
努力で補えない大きな壁が邪魔をする。

「まだ頑張れるんだろう?」
頑張ればあなたを悲しませるのに?

一番大切なものはなんだ
守りたいものは

なんだ。
12345>|next>>
pagetop